■ Private Residenc

芦屋の家
House in Ashiya


インテリア:Darrell Schmitt
施   工:藤木工務店
敷地面積:664.84u
延床面積:407.22u
構   造:RC造
規   模:地下1階 地上2階
竣 工:2000年12月

Ex.View

Living

Study

Entrance Hall
この住宅は、阪神淡路大震災で全壊した元ベルギー領事館の建物の跡地に建てられた。一瞬にして失われてしまった住宅についてオーナーの記憶をたぐりながら、丁寧に設計されたこの建物の外観が、竣工した後発見された資料 と余りに近似していたことは驚くべき事実であった。内部には新たにトップライトのある階段ホールを設け、記憶を継承しつつも新しい性格を与える事を試みている。

This house was built on a site where the old Belgian consulate used to exist and was completely collapsed by the Great Hanshin-Awaji Earthquake 1995. It is surprising that the exterior view of the house prcisely resembles the old photo which was found after the completion of the new house. The main stair hall with a top light was designed as a new memory added to the original one.